うちの猫の未来

うちには、犬と猫がいます。

体力がそれほどないうえに、コロナ渦で外出する機会も減りましたから、引きこもり生活が続いていて、さらに足腰はどんどん弱るばかりです。

ちょっと前までは、YouTubeでストレッチ動画などを見ながら、それなりに体を動かしたりもしていました。でも、最近は、さっぱりです。

現在の私の子供たち

はじめに犬を家に迎えたときは、年齢的なことも計算しました。もちろん、あくまで“仮定”の計算であり、明日はどんなことが起きるかわからないわけですから、気休めかもしれませんけどね。

それでも、計算したんです。もし、今、動物を迎え入れて、私はその子が虹の橋を渡る頃まで、元気でいられるだろうかと。

たぶん、ギリギリの年齢だったかもしれません。犬も猫も15年くらいは生きるようだし、最近は、もっと長生きで20年も生きることもあるらしいとのこと。

犬の寿命も考えたうえでシーズーを迎え入れました。

子供が亡くなり一周忌が過ぎて半年くらいしたころに、売れ残りだったという犬を受け入れました。繁殖犬になる可能性を聞いたので、「それならうちで引き取ります」という経緯があります。私の時間を計算しても、今ならちゃんと共に生きられると思いました。

翌年、生まれたばかりの黒猫の子猫を保護

翌年、嵐の夜に量販店の裏口に捨てられていた子猫たちの中から、黒猫を保護させてもらいました。この子は、去年の7月に亡くなりました。6歳半でした。

それから今まで、ペットロスで、体に力が入りません。

偶然、助け出して保護することになった子猫たち

今、うちには、偶然保護することになった2匹の猫がいます。まだ、2歳と3歳です。

里親募集には何度も出してみましたが、里親が見つからないまま、大人になってしまいました。

この子達の行く末を考えると、いろいろな心配があります。少なくとも、私が生きているときより、相当、酷な半生を送ることになると思います。捨てられてしまうかも知れません。

保健所に連れていかれてしまう可能性が大きいです。私になにかあったら、どういう風に猫たちの行方を決めてもらうのか、それとも、私が生きているうちに里親に出して手放すことが、この子たちへの愛情なのかとも考えます。

今は、私が長生きすることしか思いつきません。ペットロスとは、本当に恐ろしいほど精神的にダメージが大きいものですね。

命への責任を考えたら、救ったことがよかったことなのか? 

私が保護しなかったら、ひょっとしたらもっと幸せな家庭が保護したかもしれない……いやいや、生きていなかったかもしれない、保健所に連れていかれたかもしれない、それなら保護してよかった……などと、エンドレスに考えている今日この頃です。

そして、答えはいつもひとつしか見つからない。

私の命は、この子達の命。この子達とともに、生きなきゃいけない。

ペットと暮らそうと思った最初の理由は……。

その頃、私はそのままひとりでいたら、きっと死んでしまうと思ったからです。

今、この子たちが、私を生かしてくれています。

だから、私に全幅の信頼を置いてくれている、この子たちの世話をする為に、少しでも長く元気で生きなきゃいけないと思う日々です。

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう